「ゆかちゃんはどういうデザインが好きなの?」

お店で部品を選びながらY君が聞いた。

「シンプルなのが好みかな!」

「ちょっと色が入っててもいい?」

「全部任せる!」

「プレッシャーだ。。でも決めた!」

Y君は色々な部品を持ってお店の隅に行き、その場で店員さんに付きっきりで作り方を教えてもらっていた。

私は敢えて遠くにいた。

どんなのを作ってくれるんだろう。

時折難しそうな顔をしながら作業をすること数十分、Y君は指輪を完成させたようで、パッと明るい顔になった。

「ゆかちゃん!来て来て!」

Y君に呼ばれて行くと、彼の大きな手のひらに小さく光る指輪が乗っていた。

「ダイヤっぽい石とブルーの石の指輪にした!」

キラキラ光る石のついたシンプルな指輪は私の好みにピッタリと合っていた。

「うわぁ!想像以上に可愛い!」

「でしょ?俺のチョイスは正解だね!」

彼は嬉しそうに言い、私の左手を取った。

「俺と結婚して下さい」

そう言いながら、その指輪を私の薬指にはめた。

「よろしくお願いします」

私は少し頭を下げてこう返した。

「似合うよゆかちゃん。可愛い。」

Y君の表情がとても優しかった。

私の左手を握りながら、更にY君はこう続けた。

「ちょっと早いけど、、お誕生日おめでとうゆかちゃん」

「誕生日、、覚えててくれたの?」

「当たり前じゃん!でもまたしばらく会えないから、、これは誕生日プレゼントだよ」

「ありがとう。大切にする。」

Y君が私の誕生日を覚えていたことにビックリした。

随分前に1回だけさらっと言っただけだったから。

「誕生日にプロポーズ、いいよね!」

「でも指輪じゃなくて別の物を作る予定だったんじゃないの?」

「いいからいいから!ゆかちゃんは俺の女!俺のもの!!」

人目がある店内でハグされ、恥ずかしく思いながらも嬉しかった。

12月の最初に会えたきり、その後は数日に1回くらいしか連絡をし合わない日が続いた。

年末年始はほとんど連絡を取らなかった。

年明け、やっと会える日が決まった。

でも私の心は少し離れていた。

さすがに1ヶ月以上会わないまま、連絡もまばらだったら存在が薄れていく。

年明けに会うのもやめようか悩むくらい、私のY君への気持ちは小さくなっていた。

でもな、、

会ったら気持ちがまた復活するかも、、

そう思い、会うことにした。

待ち合わせ場所にいたY君を見て、懐かしい気持ちになった。

あぁ。Y君ってこんな顔だった。

「ゆかちゃん!会いたかった!!」

Y君はそう言い、私の手をとって繋がせた。

厚ぼったくて温かいY君の手の感触もまた懐かしかった。

「ゆかちゃんにさー、手作りのプレゼントしたいんだ」

「作れるの?」

「手作りのアクセサリー教室をやってるお店がこの近くにあってさ」

「へー!」

「だから何か作りたいなって。その場で色々教えてくれるんだって。何欲しい?」

私は少し考えてから言った。

「指輪」

Y君はビックリしたように私を見た。

「指輪?!指輪なんてゆかちゃんつけるの?!」

「そりゃ一応女の子ですから」

「えー、意外だ」

「指輪欲しいの」

「わかった!じゃあ結婚指輪作ってあげる!」

Y君は一気にやる気を出してお店に向かった。

その後ろ姿が可愛くもあり、たくましくもあり、優しくもあった。

「さっき見て思ったんだけどさ」

「うん、どうしたの?」

「あのぬいぐるみ、ゆかちゃんにめちゃめちゃ似てない?」

「え、、似てる?笑」

「超可愛いし似てるから欲しい!とりたい!」

Y君はまたぬいぐるみを取るためにゲーセンに入ったようだ。

「たださぁ、あれ取るの難しそうじゃない?」

と私が言うと、

「とにかくやってみる!」

と彼はチャレンジし始めた。

私は近くで見守っていたが、案の定全然取れなかった。

「もう止めようかな。。」

と彼は諦めかけたけれど、店員さんのアシストで何とか取ることが出来た。

「だいぶお金かかったよコイツ!!」

「そうだね。。高い子だね。。」

「でもさぁ、、取りたかったからさぁ、、」

「確かにめちゃ可愛いね!」

「うん!満足!!って事で。。」

彼は取ったぬいぐるみを私の手に乗せた。

「。。?」

「ゆかちゃんへプレゼント!」

「いや、これY君が欲しくてあれだけ頑張ったんじゃないの?!」

「俺が家に持ち帰ったら怪しいよ笑」

「そうだけど、、あんなに頑張ってたのに、、」

「あげたいから取ったの!可愛がって!」

「ほんとにいいの、、?」

「その代わりさ。。」

「その代わり?」

「そのぬいぐるみ、LINEのサムネにしてくれない?ダメ?無理ならいい!」

「無理じゃないよ。分かった!写真撮ったら変えとく!」

「やった!!俺のあげたぬいぐるみがサムネになってたら嬉しくて毎日ニヤニヤしちゃう!」

「私も毎日可愛がるね笑本当にありがとう!」

「あ!電車の時間ヤバい!」

夢中になり過ぎて帰る時間ギリギリになってしまい、2人で全速力で走った。

「ゆかちゃん、意外と足速いね」

「意外とって!失礼な!」

「運動出来なさそうだから笑」

「ひどい!」

駅に着き、急いでホームに向かう。

彼とは反対の電車で、彼の電車が先に来た。

「ぬいぐるみ2つもありがとう。よいお年を!」

「サムネ楽しみにしてる!よいお年を!」

しばらく会えない。

クリスマスもお正月も彼とは過ごせない。

改めて違う家庭であることに気付かされる。

何のために付き合ってるか分からない。

それでも、、今日は幸せだった。

彼からのクリスマスプレゼントを抱え、私も電車に乗った。

私もまた、、自分の家庭に戻らなきゃ。

この瞬間が1番虚しくなる。

私は何をやっているんだろうな。。

↑このページのトップヘ