今の旦那を除いて、長く付き合う彼氏は全員年下だ。

逆に年上は全然続かない。

そして付き合ってきた年下彼氏はみんな年上女性好きで、甘えん坊な所も共通していた。

「ねぇY君。Y君ってどんな女性が好きなの?」

そう聞いた時、

「それ聞かれると絶対年上って答えちゃう笑」

「年上好きなんだ?何で?」

「背伸びしたくないんだよね。甘えたいのかも」

とY君は答えた。

甘えたい、かぁ。

私は甘えたいという気持ちがないから年上と合わないのかな。

どっちかと言うと甘えられたい。

ただ、年上の人から甘えられると嫌悪感を抱いてしまうから、私が付き合えるのは年下かタメに限定される。

結果的に年下から好かれることが多い人生だったから私としても丁度良かった。

それに年下は若くてかっこいい。

年上が好きだったこともあったが、それは若かりし頃の話で、漠然と年上の渋さに惹かれただけだ。

何だかんだ言って、若さは正義。

そう思ってきたから、私自身も見た目の老いだけは気をつけていた。

年下君と付き合いたいなら私も釣り合うように若くいないと。。

結局は中身より見た目かよ、という話だが、婚外において1番重要なのはハッキリ言って見た目だ。

綺麗事を言うつもりはない。

我ながら性格悪いなぁとも思うが、やっぱり譲れない。

若い子好きなんて自分がオバサンになった証拠。

でも事実だしそれはそれでいい。

オバサンは若い子に恋をする。